ヒヨドリ幼鳥、給餌されたえさを飲み込めない

タイトルの通りで、虫が大きかったのか口半開きのまま一時停止してました𓅮

本日はヒヨドリ幼鳥のみでお届けします。

夕方家の窓のそばに、ヒヨ家族がやってきました。
幼鳥はまだ巣立ち間近のようで、少し起きては寝て、起きては寝ての繰返し。

今年見たかったエナガ団子は見れなかったけど、ヒヨの大団子を楽しませてもらいました。

すやすや
親鳥と幼鳥

途中親鳥が窓辺の私に気付いたのか、子の前に立ち羽で隠すようなしぐさを(たまたまかな??)私がちかづいたんじゃないよ、君らが来たんだよ

4羽写ってますが幼鳥は全部で6羽もいました
母も父も給餌していました

エサをクレー、わたしにくれー
こんな大きなのもなんのその
眠たくなってきた
スヤスヤ
親鳥の声がしたらパッカーン
なんだエサじゃないのか、ぱたり

手ぶれぶれですが動画も載せておきます

今日見た鳥𓄿
ヒヨドリ親子 キビタキ幼鳥 シジュウカラ幼鳥 ホオジロ幼鳥 ハクセキレイ

声のみ𓅮
イカル ホトトギス トラツグミ

ヒヨドリ幼鳥、給餌されたえさを飲み込めない” に対して2件のコメントがあります。

  1. ちぐさ より:

    ひよ子団子いいですね~\(^o^)/
    黄色かったら、美味しそう♪お土産に良いかも「ひよ子」

    まだフワッフワの綿毛を付けて、押すな押すなの団子状態。
    ひよ子ならかわいい(^^)大人は・・・ですが。
    こちらは、もうちょっと大きくなったひよ子なら見ますが、こんなに幼い団子は見たことないです。
    優しく見守ってくれたのね~(^^)

    1. ほしざき より:

      かわいかったですー!ほんと親鳥近くにいなかったらヒヨっ子とはわからなかったかもです。
      もう少し大きくなるともっとボサボサでヒヨ感出ますよね、なんと表現していいかわからないけど、ボサボサというか毛の束感というか(^^)

      この子たちはまだもふもふでしたよ。
      反応するのはエサだけで、両親がエサ持って近づいたときのパッカーンの激しさと言ったら。その他は見向きもしないので、あとはスヤスヤ穏やかなものでした。

      あ!でも親でなくとも、虫が頭上を通過するとみんな口開けたりしてた!飛び上がることはまだできないけど、虫にはちゃんと反応してました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

幼鳥たち、そしてアオバト

次の記事

窓の外にやってくる幼鳥